積重

久しぶりに心理カード、今日の一枚について書こうと思います。

積重」です。

 

「積重」・・・何か感じられることはありますか。

 

今日の私には、「重」という字の印象が強く感じられ、すこし重くるしいイメージを持ちました。

カードの二文字は自分の心理への入り口であり、その日その時によって印象や解釈が変わることもあります。

今日の私は「積み重ね」とうことに対して、降り積もった雪が何十キロもの重さになって雪掻きが大変になるような、少しマイナスのイメージを持ったようでした。

 

すこし解説書を紐解いてみます。

「・・・人よりも多く積み上げているもの、それは何よりも強い自信になるものであり、あなた自身の宝でもあります。・・・」

プラスのイメージですね。

 

私が積み上げてきた宝は何なのでしょうか。

心理カードは始めたばかり、陰陽五行学(四柱推命)もクリスタルボウルもまだ1年になりません。

岩茶(中国茶)は飲み続けて11年になりました。

野口整体はもう通ってはいませんが、始めてから19年目に入り、今でも揺るぎなく私の日常生活のベースとなっています。

 

岩茶と整体はどちらも今の私のベースになっており、これらで心身の準備をしていたからこそ、クリスタルボウルなどの自分の道に出会えたような気すらします。

これらは紛れもなく私の宝であるのに、どうして今日は重くるしいイメージを持ったのでしょうか。

 

固執すると、重くるしくなるのかもしれません。

どちらも素晴らしいものだと信じてはいるのですが、いわゆる「世間一般」とは大きくずれているため、摩擦を感じることは多々あります。

ほんもののお茶「岩茶」に固執すると、普通に出されるお茶は飲めなくなるし、野口整体の考え方に固執すると、例えば学校の先生方とはすれ違うばかりです。

すると、素晴らしいものを知っているがゆえに生活に苦労を感じるという、残念なことになってしまいます。

 

積み重ねてきた大切なもの、それを重くしてとらわれるのではなく、軽く手放しても流されずにともにある、そんな在り方はないのだろうかとふと思いました。

その大事な宝を握りしめずとも、手を広げて軽く載せておけば自然とそこにある、それは自分自身とハラで繋がっているから・・・そんな在り方ができたらなと思いました。

 

そして今まで積みかさねてきたものを大切にしつつ、また新しいものも積みかさねていきます。

もちろん、クリスタルボウルに心理カード、そして陰陽五行学です。

重くるしくすることなく軽やかに、羽衣のように重ねていくイメージです。

 

日常の一日一日、一瞬一瞬もまた、積みかさねです。

さあ、今日もわたしたちの人生に、何を積みかさねていきましょうか。

 

お読み頂きどうもありがとうございました。

皆さまが素敵な日曜日を過ごされますように。