中心

今朝の心理カードは「中心」でした。

皆さまはこの言葉で、どんなことを思い浮かべられるでしょうか。

 

私が思いついたのは「自分の中心となるものを知る」、言い換えれば「自分とは何者かを知る」ということでした。

 

陰陽五行でご依頼者様の生年月日から命式というものを立てて鑑定していくとよくわかるのですが、人の性格は実に様々です。

ある命式の人はとても重視することが、別の命式の人にとってはどうでもよいことだったり、ある命式の人ならたやすくできてしまうことが、別の命式の人にとっては実に難しかったりするものです。

けれども命式そのものが人の優劣や善悪を決めてしまうことはありません。ただ、ある特徴を持った命式の人がある環境に出会ってしまうとトラブルを起こしやすいとか、そういう場合はあるでしょう。

要は自分の特徴に合った環境にいることが大切なのです。

 

ところが現代では、生活していくうえでいろいろな「情報」が入ってきます。

マスメディアからは毎日のように、いわゆる「コモンセンス」的判断による価値観が主張されてきますし、学校や会社も然り、また身近な友人や家族からもいろいろな情報やアドヴァイスをもらうことでしょう。

人間はひとりではなく、社会の中で生きる動物ですから(生物学的にみてもそのようです)、周りの情報やアドヴァイスが入ってくるのはとてもありがたいことです。

 

けれども毎日毎時、あまりにたくさん入ってくる周りの情報や意見に流されて、自分自身の価値観やほんとうに求めているものがわからなくなってしまう、そんなことがとても多い気がします。

テレビで絶賛されていたから、あの雑誌にとりあげられていたから、あの人がいいと言ったから・・・そんな理由でものごとを選ぶのはいいのですが、自分がそれに違和感を感じたとしても、自分の判断のほうが間違っていると思いそこには目をつむってしまう、そんなことはないでしょうか。

 

私自身が、そうでした。もともと周りに流されやすい命式を持っていたためもあるでしょうが、自分の判断に自信が持てず、人からのアドヴァイスに従っていった結果、自分の願望がどこにあるのか全くわからなくなり、身体にも症状が表れて苦しい時期を過ごしたもありました。

そんな私でも、クリスタルボウルに出会ったことが転機となってどんどん本来の自分に帰っていき、今では自分の中心となるもの、自分が最も大切にしているものがかなりわかってきているので、いろいろなことが起こってもあまりぶれることはなく、人生かなり楽になりました。

 

そして自分の中心をしっかりと持つということは、頑固になることとは違うと思います。

逆にぶれない中心を持つことによって、受け入れられるもものも増えるのではないでしょうか。

多少のことは譲っても自分の中心は左右されない、そんな余裕が持てたらと思います。

中心を護ろうと枠で固めるのではなく、中心点だけは固定しておいて、逆に枠はどんどん広げていくような生き方ができたら素敵だと今は思い、それを目標としています。

 

中心から広がる、そんなイメージです。

 

お読みいただき、どうもありがとうございました。

皆さま、素敵な午後をお過ごしください。