明日は心理カード研究会です:「正義」

お知らせです。
明日5月26日月曜日14:00から、「心理カード研究会」を開催いたします。

場所はJR高田馬場駅戸山口改札を出て左、線路をくぐって目の前にある「プロント」です。

心理カード講座卒業のセラピスト3人と講座受講生が中心となり、心理カードの説明や体験セッションを行います。

更に開催初回となる明日は、この心理カードを作った「アールフォレスト」代表の大内憲一郎も出席します。

ご参加費は初回限定特別価格で1000円で、ご希望により先着順で体験セッションを受けて頂くこともできます。

このブログを読まれて毎日の「心理カード」にご興味をもたれた方、体験セッションを受けてみたい方、講座受講を考え迷われている方、また「凄腕セラピスト」といわれる大内憲一郎に直接会ってみたい方、お気軽にお試し頂ける貴重な機会だと思います。
飛び込み参加も歓迎いたしますが、できればメッセージや「お問合わせ」等でご連絡頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

 

さてその心理カード、今日の一枚はまた、「正義」でした。

 

以前書いた「正義」の記事はこちらです。

→ http://ameblo.jp/allegretta/entry-11851104557.html

 

心理カード解釈には決まった「正解」はなく、その日その時に感じたことが答えです。

つまりそのときの自分の内側から出てきたメッセージであり、日によって違ってもよいのです。

 

今日、私が「正義」のカードから感じたことは、「自分の『正義』に自信を持とう」でした。

 

ときに自分が正しいと信じていることに自信が持てなくなるときはないでしょうか。

人に、特に親しい人に批判されたとき、周りの大多数が違う意見を持っていることに気づいたとき、有名人や専門家などいわゆる「権威ある」人が違うことを言ったときなど、自分のほうが間違っていると思うときもあります。

もちろん、本当に自分の視野が狭くて「間違って」いることもないとはいえないでしょう。

けれども、それが自分が心の底から、魂から正しいと信じていることなら、周りに迎合するのは勿体ないのではないでしょうか。

これを曲げるともう自分ではないような気がする、そんなものを誰でも持っているのだと思います。

そこを無理に曲げて周りに合わせようとすると、自分の中心とするものがわからなくなり、「ブレる」という状態になりやすいのだと思います。

自分が心で感じている「正義」なら、それを貫くことは、頑固ということとは異なると思います。

それは自分の個性であり、もしかするとそれを伝えるのが使命だったりするのかもしれません。

それを伝えることによって世の中が良い方向に向かうと信じられるのなら、尚更です。

 

とはいえ、それを声高に主張するだけでは受け容れられにくく、時に頑固者だとか変人とか思われて終わってしまうこともあるでしょう。

上手に伝える術は身につけたほうが良いと思います。

最近注目されつつあるコミュニケーション術などを身につけるのも良いでしょう。

このブログでも時々ご紹介しているワークショップでも、上手に周りに伝えていく方法が学べます。

 

そして自分の「正義」を大切にするということは、人の「正義」も大切にするということです。

一見違うように思えても、そこは否定せず尊重していくほうが良いと思います。

お互いの理解が深まっていくと、意外にも実は同じことで、ただ表現方法が異なっているだけなのだということに気づくようなこともあります。

 

人の「正義」も尊重してコミュニケーションを工夫しつつも、簡単には自分の「正義」を捨てる必要はなく、自信を持って貫くことも大切なのではないでしょうか。

 

お読みいただき、どうもありがとうございました。
皆様にも素晴らしい日々が訪れますように。