投影

今日の心理カードは「投影」でした。

「投影」・・・ここ最近良く目に付くカードで、どうやら何かのキーワードとなっているような気がします。

 

まず思いついたのは、前の記事で書いた一昨日の「ヒーリング心理ワークショップ」の内容でした。

「私たちの心が作り出す障害と、それをクリアする方法」、です。

「障害」は自分が作り出しているものだということを確認しました。

そう、障害は自分の内面の「投影」ともいえるのではないでしょうか。

それは自分の過去が作り出したものだと思います。

うまくいかなかった経験、失敗したらどうしようかという怖れ、いえ、成功してしまったら困るという心理すらあるかもしれません。

それらが「障害」となって、目の前に立ちふさがるのです。

 

より輝いている未来の自分になること、それは本来の自分に還ることと同じだと私は考えています。

人間の本質は「善」、誰もが善なる存在として生まれてきている、それを思い出すだけで良いのだと思います。

その本来の自分に還ったとき、自分の進むべき道がはっきりとわかり、輝く未来へと繋がるのではないでしょうか。

 

その輝く未来への道の途中に「障害」を感じても、それは過去の「投影」にすぎないのかもしれません。

そう思えば単に影におびえているにすぎず、何も怖がることはないのだと気づくことができるのではないでしょうか。

 

 

そしてもうひとつ思いついたのは、数日前に訪れた猪苗代湖の湖面です。

 

 

 

 

 

霧の多い猪苗代湖で、こんなに湖面が綺麗に見えるのはとても稀なのだそうです。

この日の湖面はこんなに綺麗で澄んでいて波もなく、雲を、山を、緑を映していました。

 

「投影」ということばで、私はこれも思い出しました。

美しいものは美しく映されて、投影されています。

そしてふたつの思いが浮かび上がってきました。

私も美しいものを発信して、それが周りに投影されるようになりたいという思いがひとつ。

そして、私が人の美しいものを映しだし、投影させられ、その人自身に見せることができるようになりたいという思いがもうひとつ。

 

霧で見えないことが多い私たちの心ですが、たとえ見えなくてもその下にはこんなに澄んだ美しい心がある、そのことを信じて忘れないようにしていきたいものです。

 

お読み頂き、どうもありがとうございました。

皆さまの心も澄んだ湖面のように、穏やかな日々を送られますように。