明日はクリスタルボウル演奏会です:「自信」

6月8日(日曜日)13:30から、大井町「きゅりあん」7階リハーサル室で、第5回クリスタルボウル定期演奏会を開催いたします。
「きゅりあん」リハーサル室は建物の上階にあるため、上にあがるエネルギーが特徴らしい私の演奏にはぴったりだと言っていただけております。また、氣の良い場所でもありますので、クリスタルボウルの演奏会にはぴったりだと思っております。

7,8月は工事のため使えず、次回は9月になりますので、ご都合の合う方はぜひ明日いらしていただければと思います。

 

定期演奏会では今のところ毎回、クリスタルボウル演奏体験のお時間も設けております。これを楽しみにされいる方も多く、ぜひ直に触れてクリスタルボウルの魅力を身近に感じていただければと思っております。

また、時々このブログでもご紹介しております中国国宝級のお茶、武夷山幔亭製の岩茶を、カジュアルな形でですがお出ししており、こちらもいつもご好評を頂いております。

さらに今回より、ご希望により10分心理カードセラピー(1000円)をさせて頂くことにしました。たった10分ですが大切なことに気づかれ、すっきりと未来に進めるというご感想も頂いており、お気軽に心理カードを体験して頂ける良い機会だと思っております。当日のお申し込みでも承ります。

 

演奏会は当日直接会場にいらして頂いてもお入りになれますが、予めお申し込み頂ければ、ゆったりと寝てお聴き頂けるように準備いたします。「お申し込み・お問合せ」フォームより、よろしくお願いいたします。

 

ここのところ内面の変化につれて、毎月のように演奏も変わってきております。

今回もまた、前回とは違った音、演奏になるでしょう。

以前お聴き頂いたことのある方も、楽しみにして頂ければと思っております。

 

さて、演奏会を明日に控えた今日、引いた心理カードは、「自信」でした。

 

「自信」というと、「自信家」や「自信過剰」といった言葉も連想されます。

これらはむしろマイナスの意味で使われることも多く、「自信」ということば自体も少しマイナスイメージを持たれることも多い気がしています。

とかく謙遜を美徳とする日本において、自信は表に出してはならないものだという認識が強いのではないでしょうか。

 

謙遜の美徳を否定はしませんし、たしかにあまり自信満々な様子は鼻につくこともあります。

けれども「自信」ということばにマイナスイメージを持ち、自信を持つことを避けてしまうのは、あまりにもったいないと思います。

 

「自信」とは、「自分を信じる」ことです。

「自分を信じる」ということ自体には奢りも高慢さもなく、それは至って素直なことだと思います。

「自分を信じる」こと、それは自分の存在を認めること、自分が生まれてきたことを認めること、ひいては自分を創ってくれた大いなる力、「天」や「宇宙」や「神」というものを信じることです。

自分の内に、自分の存在の背景にある大いなる力を感じ、それに感謝したとき、ほんとうの「自信」が生まれるのではないでしょうか。

 

誰もが、生まれてきてこの世に存在するということには、大きな意味があるのです。

お役目、使命、などといった言葉で表されることもあります。

そのことに素直に「自信」をもって、自分を信じ、それがお役目ならかならず出来ると信じて、日々を生きていこうと思います。

 

明日の演奏会が素晴らしくなることにも、自分が素直な演奏ができることにも、自信があります。

今日はあえて、こう宣言してみました。

 

お読みいただきどうもありがとうございました。

皆さまもご自身を信じて、素晴らしい未来に向かわれますように。