「現実」

ここ2週間ほど集中して、今年上半期に受講した「ヒーリング心理ワークショップ」の内容を、整理してノートにまとめていました。ブログの更新が空きがちだったのは、実はそのためでもあったのです。

(「ヒーリング心理ワークショップ」⇒http://www.rforest.jp/shopdetail/000000000116/ct56/page1/order/)

 

いやはや、こんなにノートを書いたのは学生時代以来でした。

改めて文章にしようとすると、理解していたつもりでもあやふやだったところが浮かびがってきて、そこをどう解釈したら良いのか随分考え込むことになりました。

何度も書き直し考え直して説明文を作っていくという作業に学生時代に良く徹夜でレポートを書いていたことを思い出し、懐かしい思いでいっぱいになりました。

 

このワークショップで習ったのですが、従来「心理学」と言われるもののほとんどは潜在意識を扱うものの、そこを「現実」の表面意識にどう繋げていくかということには言及しないため、「わかった」だけで終わってしまい、現実の生活が変わらないのだそうです。

 

では、「現実」を変えるにはどうすれば良いのでしょうか。

もちろん、この「ヒーリング心理ワークショップ」で学ぶことはとても有効です。

なぜならこの講座こそ、潜在意識や過去の癒しのみにとどまらず、そこからどうやって現実を変えていくかということを目的とした「新しい心理学」ともいえるものだからです。

ただ、自分でも心理の勉強をし、周りを眺めてきて感じたことがひとつあります。

それは、自分で答えをみつけ行動した人のみが、自分の「現実」を変えることができているのではないか、ということです。

 

占い、心理テスト、チャネリング、お告げ、お守りなど、自分に何らかの方針を示し納得させてくれるものはたくさんあります。中には素晴らしいものもたくさんあるでしょう。

けれどもこれらを受けた人のほとんどは大きな発見をしたり結果に納得したりしているものの、客観的に見てあまり「現実」が変わっていないように思えてしまうことが少なくありません。

 

人間というものはやはり、外から言われたことではなかなか変われないものだという印象を持っています。

実は、身体の健康でも同じことがいえます。

整体操法など外からの調整を受けるよりも、それがどんな名人の腕によるものだとしても、自分で身体を動かして調整していく方が身体の土台から変わることができ、しかも定着するのです。

ですからわたしが通った野口整体の指導室では、先生の操法は必要最低限のみで、それも「自分で身体を動かし調整して変える」ことの補助がほとんどです。(もちろん極端に身体が弱っている場合はその限りではありませんが。)

心も同じで、外から言われたことよりも、それがどんなに的を得ていて有り難いものだったとしても、自分で自分の心の中から引き出した答えによるほうが、より「現実」を変えることができるような気がしています。

 

そこでわたしが素晴らしいと思うのが、やはりこの、心理セラピーカードなのです。

カードの二文字は自分の心の内から答えを引き出すための鍵にすぎず、これによって自分の中から引き出された答えが、実際に効果的に「現実」を変えることになるからです。

 

結局、外から言われたこと、外から動かされたことは、それがどんなに素晴らしいものであっても、それだけではただ納得するだけに終わり、「現実」まで変える力は弱いのではないでしょうか。

「現実」を変えるには、やはり自分で、自分の内から答えを引き出し、自分で動いていくことが大切なのだと、最近はとくに感じています。

 

ヒーリング心理ワークショップの講義も、ひとつの例でした。

外から講義を聴いてわかったと思っていたことでも、いざ、自分の中から言葉を出してノートにまとめてみようと思うと、あやふやなところがたくさん出てきました。

実際の講座では身体を動かして行うワークがあるので、それが「現実」を変える有効な力になるのですが、これでは講義の部分の効果は薄いのではないかと思いました。

更に自分の現実を変えていくには、これを自分の内から発せられるようになることが重要ではないかと思い、そのためには外から聴いた講義内容をいったんしっかりと自分の内に収めようと思い立ったのです。

そのためにわたしが思いついた手段が、自発的にノートを整理し再構築することだったのです。

 

とはいえ、それを「しなければならない」と義務感で行うのは、それもどこか的外れのように感じます。

わたしがここまで「お勉強」するのは、純粋にそれが楽しいからです。

誰にでもその人にとって楽しくできる方法があると思います。

楽しくできる方法で自分の中から答えをみつけられれば、きっと「現実」も面白いように変わっていくのではないでしょうか。

 

お読み頂きどうもありがとうございました。

皆さまの「現実」も素晴らしい方向に変わっていきますように。