子連れOKクリスタルボウル演奏会

3人の子どもを持つ母親として、いつも思っていることがあります。

今でこそ、みなある程度大きくなったので仕事もし、学んだり遊んだりとよく出かけてもいますが、末っ子が幼稚園を卒園するまでは完全な専業主婦でした。
両親も亡く兄弟姉妹も無く、親戚も近くにはおらず、それでも夫に子どもを頼んで野口整体の道場通いだけはしていました。
けれどもそれも夫の顔色を伺いながらで、終わると飛んで帰らなければとはらはらし、それ以外のセミナーやイベントなどに行きたいなどと、とても口には出せませんでした。

考える暇もないほど忙しかった、乳児を抱えていたときはともかく、徐々に余裕が出てくるとそれにつれて外にも出たくなり、元来好奇心も強いほうなので、いろいろ学びたくもなってきました。
けれども子連れで気兼ねなく行けるところなどそうそうなく、大げさにいえば自分の人生を、楽しみを半ば諦めたような気分にすらなっていました。

正直なところ、独身や子どものいない友人を羨ましく思ったことも沢山ありました。
その一方でそのことに罪悪感を感じ、わたしは母親失格なのだと自分を責めたりもしました。

そう、子どものいるお母さんが子どもを理由に自分の人生を諦めることのない、そんな世の中がわたしの理想であり、そうしたいと思っているのです。

先日、友だちの主催している「イケポノ」というメソッドの、お試しセミナーのようなものに出席してきました。
内容もとても良かったのですが、わたしにとっていちばん魅力的に思えたのは、子どもを連れてきても全く構わないというところでした(主催の友人自身が、1歳の子ども連れです)。

(誤解を恐れずに言えば、参加者を「リスペクト」しているので原則なんでも自由なのだそうです。)

子どもがいるからと学びを諦めるようなことのないように、また、「ありのまま」の子どもたちはむしろ大人の先生だから、という理由からです。
子育て経験者として、これがわたしの理想なのです。

とはいえ、子どものいないところでゆっくりと学びたい、観たい、聴きたい、という要望もよくわかります。
それなら分煙するように、子連れ歓迎とそうでないところと分けて、両方が楽しめるようになれば良いのではと思います。

ところで、次回9月10日(水)の第8回クリスタルボウル演奏会は、平日昼間と、おそらくお子さまのいらっしゃる主婦の方がいちばんご参加しやすい時間帯なのではないかと思います。
そこで試しに、この日はお子様連れOKということにしてみようかと思い立ちました。
もし小さな子どもがいるからという理由で演奏会参加を諦めている方がいらっしゃいましたら、右上のボタンより「お申し込み・お問い合わせ」フォーム開き、そこからご相談ください。
できる限り対応いたします。

小さなお子さまや赤ちゃんは、おそらく寝てしまうと思いますが。

もちろん、お子様連れでない方も歓迎いたします。
いまのところ今後半年は平日昼間の開催予定はないので、もしこの時間帯にご都合のつく方にはぜひご参加頂きたいと思っております。
子どものいらっしゃる方もそうでない方も一緒に楽しめるような、そんな社会を創っていきたいと思っております。


前回、第7回定期演奏会の様子です

右上の「お申し込み・お問い合わせ」ボタンより、よろしくお願いいたします。

 

 



お読みいただきどうもありがとうございました。
引き続き素敵な週末をお過ごしください。