文化祭のすすめ:「決断」

中高一貫校に通う長男の文化祭へ行ってきました。

{207F7595-3A1A-4B0A-83B0-8D1138177C45:01}
{0162997F-D8DF-4C4D-8A77-29A4FA528FD8:01}


実はわたしは子どもの「教育」にかなり関心が薄く、受験したときも全て本人任せでした。
受験したいと言い出した彼に、「中学受験は親の努力半分、子の努力半分と言われるらしいけれど、うちは親の努力半分は無いものと思ってください!  それでも受験するというのなら、親として学費だけはなんとかします。」と、本気で頭を下げたくらいです。
そして言葉通り何も協力せず、受験生に家事を手伝わせたりきょうだいの面倒を見させたり、偏差値などというものも最後まで知らず、もちろん入試も合格発表もひとりで行かせました。
(しかも入試の日、わたしは自分の演奏会を開催していました。)

そんな彼も自分で選んだ学校は気に入ったようで、文化系ばかり幾つも部活をかけもちして楽しんでいるようです。
さすがに文化祭くらいは行かねばと思い、嫌がる下の子たちをなだめすかして連れて行ったのですが、これが予想外に楽しかったのです!

月並みな表現ですが、若さのエネルギー、とでもいうのでしょうか。
未来に希望を抱いている中高生たちが一生懸命に知恵をふりしぼって協力しあって、来場者を楽しませようといろいろ創り出している姿はとても好ましいものでした。
駅から来場者の誘導を礼儀正しくする姿、小さな子どもの手を取って教える姿、看板を持って大声で宣伝に努める姿などそれぞれが感じが良く、見ているとなんだか爽快な気分になってくるのです。
おそらくさほど多くはない予算の中で工夫に工夫を重ねたのでしょう、推理クイズや定番のお化け屋敷、段ボールプラネタリウムまであったのには驚きました。
{CA29B576-C375-41E1-9EAE-1E25C5521BA6:01}

そしてわが息子は、「古生物学同好会」(要は化石研究)の展示で何か難しいことを、来場者を捕獲するかのようにつかまえては解説しまくっておりました。
{B63ED7E9-205C-48AC-89CF-985D4974F303:01}

{A5386681-D93B-4CE3-8BF2-DB0F2A705F07:01}
{C646614D-22AC-4983-A3CE-FB20E48F860C:01}


この同好会、やはりというか、出来たばかりで既に存続の危機だそうで、今まで知らなかったのですが、彼は存続を賭けて、いやそれどころかメジャーな部活への昇格すら狙って、日々活動しているらしいのです。
国立博物館を始め博物館から借り出してものの幾つかあり、どうやって借りたのか訊いたところ、きちんと挨拶して書類も作り、鋼鉄製の重いケースに厳重に納めて台車で運搬したそうです。
(クリスタルボウルみたいです)

しっかりと目標や希望を持ち、見えないところで地道に努力して活動しているのだなと、わが息子たちに勇気をもらったように感じました。

ステージの最後を飾るのはやはり吹奏楽部で、「アナと雪の女王」や、「生き物係り」というらしい曲を演奏していました。

{422332DB-0E27-4CF4-836F-151E04200009:01}



ふと、ずっと忘れていたのですが、吹奏楽部の友だちに助っ人を頼まれて、急遽トロンボーンを覚えて演奏会に出たことがあったのを思い出しました。
それをきっかけに、毎日が苦痛だった中学生時代、毎日が楽しかった高校生時代が蘇ってきて、自分にもこんなふうに一生懸命に悩み楽しみつつ「青春」したことがあったなと、とても懐かしい思いが湧きあがってきました。
あのころの真っ直ぐだった、真っ直ぐすぎた自分を、単純だった自分を思い出し、なんだかとても愛おしくなりました。
そしてこの若かったときのエネルギーを思いだし、これからも高校生時代に文化祭に取り組んだようなわくわく感を忘れずに生きていこうと氣もちを新たにすることができたのです。

演奏会も個人鑑定やセッションも、文化祭とは違ってプロとして対価を頂いているのですから、同じようには考えられないところもあるでしょう。
けれどもあの文化祭的なわくわく感、これは見習うところがあるのではと思いました。
ひとりでも多くの人に来てもらって楽しんで頂きたいと努力し、そして凄いね頑張っているねという評価を素直に期待している若者たちは、とても輝いて見えました。
そうか原点はこれで良いのだ、と氣づきをもらったように感じます。
これからわたしも「大人の文化祭」を意識して、何か創っていきたい衝動が湧いてきました。

自分の子どもがいないとなかなか中高の文化祭など行かないものでしょうが、若いエネルギーを感じ自分も原点を思い出せるようで、とてもお勧めです。
なにより、学校にもよるのかしれませんが、想像以上に楽しいものです!
これからの秋の文化祭シーズン、どこか訪ねてみてはいかがでしょうか。


さて、最近こちらのブログではお休みさせて頂いている「今日の心理カード」ですが、代わってフェイスブックで毎朝8時ごろに「今朝の心理カード」として投稿しております。
「公開」にしておりますので、フェイスブックをなさっていない方でもご覧になれると思います。
けれどもおそれ入りますが、原則お目にかかったことのない方からのお友達申請はお受けしておりません。ご了承下さい。
よろしければ、こちらからお願いいたします。
➡︎https://www.facebook.com/eri.aoshima.24

以下は今朝の投稿のコピーです。

今朝の心理カードは「決断」です。決断するには「時」があり、時が来れば「決断」できるのです。もし今なにも決められないのであれば、まだ「時」が来ていないのかもしれません。「時」が来れば大丈夫です。ただ時が来たら自分で「決断」することは決断して、心の準備をしておこうと思います。
時の流れを楽しみながら、今日も素敵な一日をお過ごしください!

お読みいただきどうもありがとうございました。