「驚きの岩茶とくつろぎのクリスタルボウル」シリーズ化のお知らせ:「類友」

先日、高田馬場「アールフォレスト」では2回目の、「驚きの岩茶とくつろぎのクリスタルボウル」の会を開催しました。

 
以前にも自宅で開いたことはあったのですが、7月に初めて「アールフォレスト」で開催し、それがとても良いと感じたので、2回目に踏み切ったのです。
 
初回は「茶王」といわれる最高級品「大紅袍」をまずゆっくりと愉しみ、途中に約40分のクリスタルボウル演奏で「夏の極上の昼寝」時間をとり、偶然頂いたとても希少な緑茶「天香雲霧」を淹れ、すっきりと目覚めて頂きました。

 

今回は有り難いことに初回のリピーター様もいらしたので、別の種類の岩茶にしました。
ちょうど金木犀の香り漂う頃なので、「月より降りてくる」といわれる金木犀の香りを奥に秘め、唯一「極品」と冠することを認められた「極品肉桂」の、当たり年2011年製と2014年製新茶の飲み比べにしました。
 
{C56AD3EA-F1C9-450D-9192-F67A8101B100:01}

お茶を愉しみながら、「岩茶」という名の由来や熟成具合による味や効き方の違い、陰陽五行学から診た効能などをお話しして、最後にまた長めのクリスタルボウル演奏をしました。
最高のお茶を飲んだ後のクリスタルボウル演奏は深い瞑想状態に入りやすいとのご意見も頂き、皆さまとてもすっきりと氣が上がられたように感じました。
お時間のある方とは更に時間ぎりぎりまで、お茶を愉しみながらいろいろとお話させて頂きました。
 
ありがたいことにご好評を頂きましたので、この会をシリーズ化しようと考えております。

次回より半年か一年のサイクルで考え、続けてご参加頂くことによって武夷岩茶をひと通り愉しんで基礎知識をつけて頂き、また季節や体調に合わせた選び方飲み方、陰陽五行学との関係なども解説していきたいと思います。

まずは武夷岩茶というものをいちど味わってみたいという方のために、お申し込みはしばらく1回毎にして、1回のみの方にも連続参加の方にも楽しんで頂けるように工夫していこうと考えています。

 

第1回は11月16日15時30分より、高田馬場戸山口からすぐのクリスタルボウルサロン「アールフォレスト」で開催いたします。

詳しいことは決まり次第またお知らせさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、今日の心理カードは「類友」でした。

 

 

{76728681-F755-40D1-8270-530625BC5031:01}

 

その人を知らざればその友を見よ、と言われますが、まわりの友だちを見れば自分がいまどんな状態か、おのずからわかってくるものです。

友は自分の鏡、素晴らしい人に囲まれていれば自分もまたそうだということなのです。

友を大切にするということは自分を大切にするということ、また素晴らしい友人関係のためには自分を大切にすることも大事であり、いつも心がけていきたいと思います。

いま自分の類友は誰なのか、その人のことを少し感じてみてはいかがでしょうか。

 

お読み頂きどうもありがとうございました。

素敵な日々をお送りください。