自信

いったい誰を信じたら良いのでしょうか。
まず信じるべきは、自分です。


人として生まれて同じDNAの人はひとりもなく、同じ条件のもとで育つ人もひとりとしていません。

自分に最も適しているもの、こと、考えがわかるのは、自分を置いてはあり得ないのです。


とはいえ、過去の「失敗」(と判断している)経験から、自分が信じられないこともよくあります。

自分の意見や考えすら、わからなくなってしまうこともあるものです。


そんなときは思い切って、誰か一人を徹底して信じてみるのもひとつの手です。

そのとき、その人を信じると決めた自分の判断を、100%信じるのです。

依存しないためのこつは、ここにあるのではないでしょうか。


その人を100%信じて、その人に投影された自分を見ているうちに、自分の意見や考えも発見し、

自分が何者だかわかり、

それが真の自信の源泉となっていくのです。


あなたの判断は常に正しいのです。
たとえそれが「失敗」に見えようとも。


お読みいただきどうもありがとうございました。

自らを信じて、素晴らしい一日をお過ごしください。



{FC30D60A-574A-467D-9554-0D505C34A483:01}