思い出の「邪宗門」

{8D8BE2B9-13DA-4226-AFE6-5370E7A59651:01}


先日書いたヴェルレーヌの「秋の歌」で、シャンソンの名曲「枯葉」も思い出しました。



クラシック音楽ばかりを聴かされて育ち、ほとんど他のジャンルの音楽には馴染まなかったわたしですが、

学生のときはシャンソンと紫煙の流れる喫茶店でアルバイトをしていました。


ですからシャンソンにも、聴き覚えのある曲は多いのです。


久しぶりにイヴ・モンタンの歌う「枯葉」を聴きながら、ふと思いつき、

その喫茶店の名、「邪宗門」をインターネットで検索してみました。

(何故か今まで思いつかなかったのです。)


すると、懐かしい写真が数枚出てきたのです!

(写真は全て「邪宗門」ホームページより頂きました。
http://www.jashumon.com/index.htm)

{BFE036A6-7142-4978-9A9D-7C4FAAC1BC10:01}

{87D7A5CC-CEE6-4925-BCAF-E36C3AE86A03:01}


当時80歳の、長髪を金髪に染めたマスターの開いていたその店には、どことなくデカダンな雰囲気が漂い、

アルバイトも個性の強い美大生が多く、お客様も独特な方がよくいらして、

いま流行りの健康的な「カフェ」には見られない、不思議な魅力を漂わせていました。

{884ED6CF-A949-40EC-B861-D3BBD8F6ED44:01}


わたしはこの「健康」とは無縁そうな場所で野口整体の先生に出会い、道場に通うようになり、

それがわたしの身体のみならずものの考え方を、そして人生をも変えることになったのです。

{ED756620-1F59-4B1F-BCA8-1CC6D0C3AE2D:01}


その後わたしが東京を離れている間にこの店は突如閉店し、お別れをする機会もありませんでした。

{446DA81D-6775-447B-988D-5629D8639601:01}


何故かすっかり忘れていたのですが、「邪宗門」という名の喫茶店は他にもあるのです。

全て元祖国立店の、かのマスターの友人のお店です。

まだ営業しているところもあり、今度訪れてみようと思いました。


最近は幼馴染と再会したり、このように昔のことを思い出したり。

過去の自分と対面する時が来ているのかもしれません。

{1927B6F1-347E-4605-AB0E-620A00FB1CDA:01}


今までの自分をしっかりと見つめて、
それをしっかりと糧にして、

そして新しい世界へと踏み出すのかもしれません。



他愛もない話でしたが、お読み頂きどうもありがとうございました。