信頼

「信じていたのに…」
そんな思いをしたことは、誰でも一度ならずあるのではないでしょうか。

そんなことが何度かあると、人を信じることは愚かなことのようにさえ思え、人を疑うようになっていきます。

それは「賢い」ことかもしれませんが、ふと、自分が疑いと不信の中にいることを淋しく感じるときもあります。

そんなとき、世界は苦しく見えたりもします。

できれば信頼関係の中に生きたい。
でも何が、誰が信頼できるのかわからない。



人の言動など表面的なものに過ぎず、実はさほど信頼できるものではないと、わたしは思います。

信頼するところは相手の言動ではなくその下、相手の魂なのです。

信頼とは「相手の魂の選択を100%信じること」、
そう教えてくれた友だちがいました。

わたしも同感です。


相手の魂の選択を100%信じたとき、世界は変わります。

まず自分が変わり、相手も変わり、
自分も相手から100%信頼され、
周りも変わってきて、

世界は優しく見えてくるのです。


そして自分の魂の選択も、100%信頼できることがわかるのです。



{2EAC79EC-C915-4322-BC67-A1507A2D2369:01}
今朝は明るく軽く爽やかに、シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」です。クリスタルボウル演奏会のときのBGMにもよく流しています。


お読み頂きどうもありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。


【「信頼」について】ご参考までに

以前、このブログで「信頼」について連載しました。全4回です。
そのときの記事はこちらです。

「信頼」その1(第7回定期演奏会のこと)


【お知らせ】
心理カードカウンセリングのメニューはこちらです

第10回クリスタルボウル定期演奏会

11月24日(月・休日)13:30~ 大井町「きゅりあん」7階リハーサル室

イベントページはこちらです

→http://www.reservestock.jp/events/50014