感情

大人が子どもより優れているところ。

そのひとつは、感情のコントロールができるところだと思います。


溢れる感情


それは生きていることの証であり
生命の輝きでもあり


しかしそのまま周りにぶつけてしまうと、
全体の調和を乱すこともあります。


だからこの世は面白い。



大人になるということは、その「感情」を上手にコントロールして、
周りとの調和を保ちながら、

その感情的なエネルギーを創造へと向けていけるようになるということなのです。



しかし多くの人が感情をコントロールすることを、
感情を抑えることだと思ってしまい、

やり場のないそのエネルギーに苦しんだり
あるいは

自らを鈍らせて感情を感じないようにしたり


もったいないことです。



喜怒哀楽の感情はすべて、
この世に生を受けたときに与えられた、
本来は美しい贈り物。


抑えるのではなく思い切り感じて

感じ切って

しかしそれを不用意にぶつけるのではなく、



創造へのエネルギーとして生かしていきたいものです。


{16420B33-5AB8-4911-8FC4-4537D3E11A54:01}
少し冷えてきた今朝の岩茶は「鉄羅漢」。
暖まります。



自分の中にある感情は何であれ、
怒りでも哀しみでも恨みつらみや嫉妬でも、

まず、認めましょう。


そしてその大きなエネルギーのベクトルを

他人にではなく
自分にでもなく


創造的なことに向けられれば素晴らしいと思うのです。



わたしならもちろん、音です。

すべてを感じ切ったその後に残る音

それがわたしがクリスタルボウルで求めている、感情の深いところを動かす「癒しの音」なのです。



お読みいただきどうもありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。


【お知らせ】
心理カードカウンセリングのメニューはこちらです

第10回クリスタルボウル定期演奏会

11月24日(月・休日)13:30~ 大井町「きゅりあん」7階リハーサル室

イベントページはこちらです

→http://www.reservestock.jp/events/50014