大阪ツアー(その1)

いつも部屋に飾ってあるクリスタルボウル中級講座の卒業証書

{58978261-6AB0-416E-8CA1-257C85AEDCFB:01}中級を卒業すると「プロ」として活動できます


毎日読むわけではないのですが、出発前に何気なく眺めていて気がつきました。

日付がちょうど一年前だったのです。


またこの日は立冬、陰陽五行学上では亥月の始まりで、自分の運気が上がり始める日でもあるのです。

(おかげ様でこの日、なぜかこのブログへのアクセス数が驚愕するほど増えていました。ありがとうございます。)


偶然に驚き、この一年を振り返りながら、そして幾分感慨深い思いにふけりながら、大阪へと旅立ったのでした。


{A73C0CED-2800-4C46-8929-243E81FB08F3:01}一時は台風になるという予報もあったものの素晴らしく良いお天気で、新しい始まりの予感です




大阪に行くのは、翌日、まさにそのクリスタルボウルの師匠の大阪演奏会があるからなのです。


着いたのは夕方、荷物を置いてまず夕食を食べるところを探しに出かけました。




せっかくだから大阪ならではのものをと思い、通りかかった様子の良い串揚げのお店、「凛」に入りました。

小粋なお兄さんふたりが揚げてくれる、清潔感のある居心地良いお店です。

{1935C103-28AA-4476-AF7E-71D850FEB21E:01}
串揚げの合間には葱をつまむそうです。関東とは違うネギ、名前は忘れてしまいました。「難波ネギ」だったでしょうか。


{39D1C413-F290-48F1-A93E-616869D21B4B:01}
お酒が頂けないのでスパークリングウォーターを。初めてのニュージーランド産、美味しいお水でした。


{A132172F-CDCF-49B5-BAF1-ABE0F67B2C01:01}
串揚げはどれもひと手間かかっていて、軽く上品に揚がっていました。これは蟹味噌豆腐と海老の紫蘇巻きだったでしょうか。


美味しい食べものと楽しい会話で、お腹も心も大満足しました。



夜は大阪城の周りをお散歩しました。

{A9853A87-A934-49E1-8DB7-FDA3DE5F0CD2:01}
折しも美しい満月です



{B58FA27E-0DEB-4658-9C43-357D7F1ECE0C:01}
天守閣はライトアップされていました

{E39F7A73-9A5E-48D0-BE96-5456F565ED0D:01}


お城と月を眺めつつ散策していると、ふと、滝廉太郎の曲で有名な「荒城の月」を思い出しました。

1番の「春高楼の花の宴」は有名ですが、実はこの土井晩翠作の歌詞は4番まであり、2番は秋の月を歌っているのです。



秋陣営の霜の色

鳴きゆく雁の数見せて

植うるつるぎに照り沿いし

昔の光 今いずこ





{00454F2C-388B-402E-B34D-7604D461C092:01}
城の石垣と月


こんな風情溢れる大阪も良いものです。



(続く)