決断

陰陽五行学で診ると、決断するには「時」があります。



決断の「時」というのは、場合によるので一概にはいえないのですが、だいたい、

10年に1年
10か月に1か月
10日に1日

このタイミングで訪れます。


大きなことは年のタイミングで、
小さなことは月や日のタイミングで決断すると、

たいてい良い選択ができて上手くいくものです。



しかし最ももったいないことは、その「時」が来ているのに

「決断」しないことです。



陰陽五行学で診るのは、自分の周りの環境、空気、風向きなどといわれるものの変化です。

人間は周りに影響されて生きるのが自然なことですから、

環境が決断を促すようになれば、ほんとうは運の波など知らなくても、

おのずから決断したくなり、また、それができるはずなのです。



しかし、いろいろなことによって自分の気持ちや心持ちの変化に鈍くなっていると、

残念なことに「時」を逃してしまうのです。


{CE1544C1-9019-4621-AC3E-E7E9C768BCA1:01}
今朝はギーゼキングの無言歌集。言葉では言い表せないほどの深さです。



もし、あなたがいま何かを「決断」できずに悩んでいたとしても、

それは「時」が来ていないだけで、「時」さえ来れば簡単に解決できることかもしれません。



それならいま無理に決めることもないのです。

選択肢のあることを、いまは楽しんでいれば良いのです。



けれども「時」が来たときにきちんと「決断」できるようにはしておいた方が良いと思います。


具体的には

身体、特にハラを充実させ整えておくこと
自分の要求や好き嫌いに敏感になっておくこと

このふたつではないでしょうか。



「決断の時」のために日々備えておこう。

今朝のこの一枚はそんなメッセージに思えました。



お読みいただきどうもありがとうございました。
今日も素敵な一日をお過ごしください。



【お知らせ】

「時」を読むお手伝い、陰陽五行学に基づく四柱(六柱)推命鑑定と、
心理カードカウンセリングのメニューはこちらです

第10回クリスタルボウル定期演奏会

11月24日(月・休日)13:30~ 大井町「きゅりあん」7階リハーサル室

イベントページはこちらです

→http://www.reservestock.jp/events/50014