「岩茶とクリスタルボウル」鉄羅漢〜地に咲く花の香・ご報告

おかげ様で新シリーズ・「驚きの岩茶とくつろぎのクリスタルボウル」(仮称・長いので変えるかもしれません)は、

とてもご好評を頂いてスタートすることができました。



ご参加くださった皆さま、お問い合わせを頂いた皆さま、どうもありがとうございました。


もしご希望があれば、同じ内容での再開催も企画しようと思っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。




{9E602BB4-8F22-4FA3-9F49-F6B3103699DA:01}
(写真はシリーズ化する前の初回に撮ったものです)



記念すべき第1回のご報告をさせて頂きます。

テーマは「武夷四大名叢その1・鉄羅漢~地に咲く花の香」でした。



最初に中国茶の概要について簡単に説明させて頂き、

武夷岩茶とは何かということをご理解頂きました。


それから四大名叢(正しくは木偏つきの「叢」です)と、そのひとつである鉄羅漢のことをお話しました。



今回ご用意した鉄羅漢は2種類、2008年製の6年ものと、2014年製の新茶でした。


同じ品種でも新茶と旧茶では味も香りも、身体への効き方も違うことを皆さまとても敏感に感じられ、


とても驚かれていらっしゃいました。



どちらも甲乙つけ難い素晴らしさですが、いくぶん刺激的な新茶のほうがより印象的だったようです。



お茶で清められた身体と空間に沁みわたるクリスタルボウルの音色もまた格別でした、とのご感想も頂きました。



クリスタルボウル演奏後には、今回特別に入手できた、市場に出ないとても貴重な緑茶、


中国十大銘茶その一・西湖龍井


その伝統的な手作業ですべて製茶された最高級品をお淹れしました。


{CB25763B-F5BD-4845-834D-CB09C318DD70:01}


皆さまその繊細かつ馥郁とした、絶世の美女・西施の笑みを思わせるような味と香りに感動してくださり、

わたしも心から嬉しくなりました。


その後もまだ愉しめる岩茶を飲みつつ、皆さまお話が弾み、

少し名残惜しい感じもしながら次回を愉しみに、めでたくお開きとなったのでした。




次回は12月7日の日曜日、13時30分からに決定いたしました。



けれども、連続でのご参加者様を優先させて頂きますので、キャンセル待ちという形での募集になります。


お申し込みはこちらから、よろしくお願いいたします。


http://crystalsound33.jimdo.com/%E3%81%8A%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B




第2回は「武夷四大名叢その2・水金亀(すいきんき)~両脇に習習と生じる清風」とさせて頂きます。


わたしもいろいろ考えるのが楽しみでなりません!




楽しみすぎて開催中の写真を撮るのもすっかり忘れていました。


こちらは会場の高田馬場「アールフォレスト」にあるクリスタルボウルセットです。


{39B51388-B172-4651-88E8-5F515AFA40E3:01}


これは昔の着物を上海で仕立て直してもらったチャイナドレス風ワンピースで、この会で着ることにしています。


{05668B1A-23AA-4B64-9E78-861FE0251E3E:01}



最後に、ご参加者様の感想を、ご了承を頂いて一部紹介させて頂きます。


とても素敵な表現をされていますので、全文をホームページの「ご感想」に載せさせて頂きました。


よろしければ合わせてご覧ください。


http://crystalsound33.jimdo.com/%E3%81%94%E6%84%9F%E6%83%B3


~・~・~


体中の細胞が喜んでおりました!

中国茶の味わい、奥深さに楽しさが増しました。


音香さんのクリボーを9か月ぶりに聴いて

それこそ、新茶と鉄羅漢2008年の違いがあったように。

以前とはまた違った、まろやかな羽衣のような音に

なっていてとても心地良かったです!

そして、やっぱりじんわり涙も少し出て(^^)


参加された皆さんとの会話もほんわか楽しかったです!


あの後、所用で娑婆な場所・カオスなエリアの新宿に

行っていたのですが、

おかげさまで、人混みにも負けず、元気いっぱいでした(笑)