発信

わたしはごく最近まで
発信することが実はとても怖かったのです。



それは、周りと話が合わない
伝えたいことを伝えても受け入れられない

そしてその挙句、異質な存在とみられて
時には苛められる



そんな思いをしてきたからでしょう。




しかし、人間とはやはり発信したい生き物であり

自分が何者かを周りに見せたい
そしてそれを受け入れてもらいたい

その要求は自然なものだと思います。



わたしは発信したい要求そのものはむしろ強いほうだったので
それでも発信せずにはいられず

しかし自分の伝えたいことは受け入れられないのだと思いこみ
その上に幾重にも殻をかぶせ、


時にはほんとうに伝えたかったことのもとの姿など見当もつかない状態にしてから

おそるおそる
罪悪感さえ抱きながら

発信していたようです。



けれども、今は思うのです。
そんな訳のわからないものを発信していて
自分はもちろん、

周りもしあわせだったのだろうかと。


{05FFBAFD-FBC8-41BA-A450-6EEC1CD3A6EC:01}



いまいちど、
自分がほんとうに「発信」したいことは何なのか

考えてみようと思うのです。



どうせなら、
世のため
人のため

そして何より自分のため

ほんとうに大切だと自分が信じているものごとを発信していきたい。




「発信」の「信」は
「信頼」の「信」
「自信」の「信」



発信する内容には氣を配ろう


それは間違いを恐れるということではなく、
それが自分の本当に伝えたいことなのか

自分がほんとうに素晴らしいと、大切だと信じ、堂々と伝えられることなのか

そこを意識してみるということ。



自分が自信を持って発信できれば怖いことなど何もなく

それを受信してくださる御縁のある方に
信頼して頂くことができるようになるのではないでしょうか。



だからわたしは、今さらながら、

心にもないことをただ
自分の「発信したい願望」を満たすためのみに発信するのは

もう止めようと思うのです。




お読みいただきどうもありがとうございました。
今日も素敵な一日をお過ごしください。


【お知らせ】
「静寂に響くさきわいの音~第11回クリスタルボウル定期演奏会」

12月23日(祝)9:30~11:30 大井町駅すぐ

お申し込みはこちらよりお願いいたします。
http://smart.reservestock.jp/event_form/index/50013

陰陽五行鑑定と心理カードカウンセリングのメニューはこちらです