類友

この一年をふりかえってみて思うのは
友人関係がとても変わったということです。



ことしの初めに親しかった人たちと
気づいてみればあまり会わなくなっていたり


また、親しくなるとは予想もしていなかった人と
頻繁に会うようになっていたり


それはつまり、
自分が変わったということなのでしょう。



{FAFF1113-3215-4D0D-9FC2-0838664DD87D:01}



其の人を知らざれば其の友を見よ(孔子)



以前の友より今の友のほうが「優れている」というわけではなく、

ただ自分が、自分に「より合っている」友を選べるように成長したということなのだと思います。




子どもの頃は学校などで
「みんなと仲良くしましょう」
「みんなのことを好きになりましょう」

などと教えられた方も少なくないと思いますが、


そしてわたしも「みんな」が好きでなければならないと思い込み、

誰かを好きになれないときは罪悪感を抱えてしまう人間でしたが



好きになれない、
響きあえない人と一緒にいても

自分のためのみならず
相手にとっても

時間のむだ

なのだと思います。




自分が変われば「類友」の顔ぶれも変わり

また「類友」を見れば今の自分の立ち位置もわかるというもの



自分と相手の双方のために
きちんと友を選んでいこうと思います。





お読みいただきどうもありがとうございました。

明日も素敵な一日をお過ごしください。


【お知らせ】
「静寂に響くさきわいの音~第11回クリスタルボウル定期演奏会」

12月23日(祝)9:30~11:30 大井町駅すぐ

お申し込みはこちらよりお願いいたします。
http://smart.reservestock.jp/event_form/index/50013

陰陽五行鑑定と心理カードカウンセリングのメニューはこちらです