【クリスタルボウルとパステルアート〜色と音に導かれて本来の自分に還る旅】開催レポート

昨日は初のコラボレーション、

クリスタルボウル(水晶七環)と
パステルアートのワークショップ

を、開催いたしました。



{A3125831-39E2-489B-B8FA-0CB9BBE122E0:01}



実はこのイベントの直前に

クリスタルボウル(水晶七環)中級講座をめでたく高得点でご卒業された
香織さんは、

パステルアートの先生なのです。



クリスタルボウルにご興味を持たれたのは、
パステルアートの先生がお持ちだったからだそう。


そんなご縁で開催することとなったこのイベントはまず、
香織さんのご卒業祝から始まりました。


{97F6FE7B-6C11-4C08-96E3-565E994DB496:01}
ご卒業記念品は岩茶詰め合わせ。
「大紅袍」と「鳳凰水仙」、
もちろん劉宝順さん製の最高のものです!


そして、予定にはなかったのですが、
香織さんの卒業試験の演奏がとても良かったので、
はじめに香織さんに軽く演奏してもらいました。

{94F802D0-4D24-4E3E-8D18-FB1CF7E117A4:01}
香織さんのクリスタルボウル。
「フェザーライト」というタイプです。



その間、ご参加者様には何をどんなふうに描きたいか、

ぼんやりとイメージしながらインスピレーションを受け取って頂きます。



そしていよいよ、パステルアート制作です。


{F1CB0F5A-42BA-4E71-BA8E-229B8CCDF9A4:01}



わたしもぜひにとお願いして、
隅っこで描かせてもらいました。


素敵なサンプルを眺めながら何を描こうかと迷ったとき、
あるものが目に入ったので、それに決めました。


「これ、できるかしら?」と訊いたら、
「うーーーん・・・」と考えこまれてしまい、
ちょっぴり不安ですが。


でも無理とは言われなかったので、
それに決めました!


{57876DF8-C788-490F-86F8-F3CD2CFA3013:01}



パステルアートは、まず、
パステルをカッターナイフで削って粉にして、

その粉を指に付けて、指で直に描いていきます。


絵や模様は、厚紙をカッターナイフで切り抜いて型を作り、

それを当てて描いていきます。


{158D9AF3-B862-4682-B76F-01CEC2A8F593:01}
わたしが使った形。
さて、なんの絵でしょう・・・


皆さま和やかにお喋りされたり、
また無言になったり、

確かに描く過程そのものが癒しになるのだと実感しました。



それに、性格が出ますね^^;
自分の新たな一面を発見するときでもあります。


出来上がった絵はこれです。

{714CD96E-2B3A-4EBA-8BF7-C247DB6A8391:01}



ん?
何処かで見たようではありませんか??



{85B74B2C-EA54-47AF-A62C-BB166067A2FD:01}
心理カードの絵柄でした。
ちょっと角度など違いますが・・・^^;


{1E78D4CC-53E5-4087-A86C-16A823246EA2:01}



皆さま初めてとは思えないほどの素晴らしい出来栄えです!



それから、ゆったりと横になって
クリスタルボウル演奏を聴いて頂きます。


今度はわたしの演奏を、少し長めにたっぷりとさせて頂きました。


{8CD18FEF-7680-45BC-AD49-D4F4B1F592BA:01}



パステルアートでの癒しと発見が
更に身体の細胞に心の奥深いところに沁みこんでいくひとときにできたのではないでしょうか。


パステルアートはまた、持ち帰れるところが良いですね!

きっとご覧になるときには、この日の
クリスタルボウル演奏とそれを聴いていたときの感覚も

思い出して頂けるとでしょう。



パステルアートはご自分で描かれたものを飾り、
折にふれて眺めていると、

また新たな発見や気付きがあったりするものだそうです。


何よりも、皆さまにとても楽しかったと仰って頂けて、
とても嬉しかったです!

わたしも、楽しかったです。



ご好評でしたので、また近いうちに開催したいと考えています。


{D7D1854F-BC15-4FA8-BAD2-87CD836D3EC1:01}
香織さんとわたし。
この日はお互いに先生であり、生徒でした^^



クリスタルボウル中級講座をご卒業された香織さんは、

クリスタルボウルヒーリングセラピストとしてこれから活動します。


パステルアートと組み合わせた個人セッションも準備中です。



わたしの優秀な生徒の香織さん、
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。



お読みいただきどうもありがとうございました。