【驚きの岩茶とくつろぎのクリスタルボウル・特別編】開催レポート

八十八夜の昨日、いつもとてもご好評をいただいているイベント

【驚きの岩茶とくつろぎの水晶七環】の特別編、
【音香好みの「白牡丹」を秘蔵の茶壺で】

おかげ様で満席御礼で開催いたしました。



{4E35706E-0B25-476D-8425-1F1C67D906A2:01}
心理カード講座受講生の育美さんが
素敵な写真を何枚も撮ってくれました


今回はとても珍しい浙江省の緑茶、

蒲江春毫

{268F4F19-B165-480A-AEAD-F6AAE27F2CE9:01}


これを特別に頂くことができたので、

この日皆さまで愉しもうと細心の注意を払って保存しておいたものを持ってきて、

サプライズとしてまずお淹れしました。


{FDFDFAE1-23BE-4B69-A97B-F05FE641F948:01}
緑茶は蓋碗という茶器で、茶葉を傷つけないよう丁寧に淹れます


もちろん最高品質のもので、相当値の張る緑茶です。


一煎目は香りを、二煎目は味を楽しみ、
その甘く繊細な新芽を愛でました。



この日はクリスタルボウル(水晶七環)演奏も2回することにして、

ここでまず1回目の演奏をしました。


{AB167D1A-1E08-4573-9A41-78A585947C17:01}



そしていよいよ今回の目玉、この茶壺(急須)で
岩茶「白牡丹」を淹れます。

{1688C9F4-6C42-489A-A2DD-6C53220F2059:01}



民国壺といって、1912年から1949年の中華民国の時代に作られたものです。



茶壺の最高級品は江蘇省の
宜興(ぎこう)で作られるのですが、

ここの「紫砂」という陶土は
昔のもののほうが質が高いのです。



ですから茶壺も
古ければ古いほど貴重なのです。




この民国期の茶壺も無名の職人のものですが、
わたしにとっては家宝のようなものです。



これでわたしの特に好きな岩茶
「白牡丹」を淹れます。


{D6907841-C187-4581-B004-E62DFDB48AD8:01}




初対面の方々も多かったので、皆さまの自己紹介から談笑を始めたのですが、

お茶で場の雰囲気も和み、
皆さまの自己紹介に留まらず話しが弾み、

まるで昔からの知己のように
興味深い話題が次々と出てきました。



ご参加される方々に不思議とかならず共通点があるのも
この会の特徴です。



お茶請けは特注の「女神のスイーツ」、

一美さん特製の
「all女神ガトーショコラ」と
「アイシングクッキー」です。


{B19D15E0-C986-42A0-8E13-BC22087171DB:01}
ガトーショコラの上にナッツ、クランベリー、オレンジピールがたっぷり載っています。味は円く優しく包み込まれるようで、とても癒されるお菓子です。



お茶とお菓子と愉しい会話でわたし自身のエネルギーも最高になったところで、

再びクリスタルボウルを演奏します。



この日はご参加くださった皆さまのみならず、

いつも応援してくださる多くの方すべてに届くことを願って演奏しました。



もちろんクリスタルボウル演奏を始めると
何も考えず、ただ大きな氣の流れに乗っているだけなのですが。



心なしか、いつもより大きく深い演奏だったように感じました。



3時間があっという間で皆さま名残り惜しまれて、

初めて場所を変えて、皆さまとアフタートークまで楽しみました。


更に深く面白い話で盛り上がり、
とても充実した一日になりました。



ご参加くださった皆さま
応援してくださった皆さま

そして、いつも後ろから支えてくれる
大内憲一郎師匠に

心から感謝いたします。



次回の開催は6月の日曜日を予定しております。
決まり次第、またこちらのブログでもお知らせさせていただきます。


{A579E4C4-C44F-4C8F-AC4B-F3BAAF417ACC:01}



お読みいただきどうもありがとうございました。