裏メニューのご案内(護符作成)

水晶七環(クリスタルボウル)奏者の
音香(おとか)です。



今日は一日中、「本業」ではなく
「裏メニュー」の護符作成などをしていました。



{9F03E7BF-01F2-44A2-BF29-13AB64AE8342:01}
こちらはサンプルです。




言霊修道でお世話になっている
矢加部幸彦先生直伝の本格的なもので効力も高いのですが、

今までわたしはほとんど表立っては承らず、
どうしてもという場合のみこっそり作成させて頂いておりました。



というのはわたしの中に、
「モノ」に頼ることへの抵抗感があり、
お勧めすることへの迷いもあったからです。




けれども最近は少し変わってきました。




この護符を作成することは「禁厭」ともいうのですが、

「禁厭」の起源は実は医薬と同じ、
あくまでも自力で治したり整えたりすることの補助だからです。



決してただの「神頼み」ではなく、
自分を援けてくれるもの。



水晶七環でヒーリングすることとあまり変わりはないのです。
より目的が明確ですが。




ちなみに護符の種類には


邪氣祓護身
靈性開発
良縁和合(恋愛成就も含む)
延命長寿諸病治癒
諸願成就開運招福


があります。


持ち歩くものもあれば
貼ったり安置したりするものもあります。





わたしも「邪氣祓護身」と「靈性開発」は常に持ち歩いておりますが、

忘れたからといって別に慌てることもありませんし、
それで何か憑いたり能力が下がることもないと思っています。




あれば楽だけれど
なくても何とかできる、

という感じでしょうか。




以前は邪氣を吸いやすい体質だったわたしですが、
確かに邪氣祓護身符を持ち歩き始めてから効果を感じたのです。


人混みでもそれほど疲れなくなったり、
重い氣に引きずられなくなったり、などです。


ですから当初はとても重宝しましたし、
とても援けられたと思っています。




そしていつしか護符を忘れても
護符を持っているときの感覚を思い出すだけで
ほぼ同じように自分を守れるようになりました。


(もちろん日々の鍛錬の成果もあるでしょうが)



{6B8E4514-1541-4C84-8121-F2424F09AE18:01}
こちらは壁に貼って使う、部屋の邪氣祓の折符です。
折り方にも特別な作法があります




すべて紙製なのも良いと思います。
節目に作り直すこともできますし、
不要になればお焚き上げして無に還すこともできるからです。





護符はすべてわたしが心身を清めてから、
特別な水で墨を磨り、

正式な作法に則って氣合いを入れて書き上げます。




わたしのオリジナルで、
終わったら水晶七環を聴かせます。


{D3884603-2FAA-442B-B0AB-D9BA2FF62D4F:01}






少し捉え方が変わってきたので、
今日は「裏メニュー」をご紹介してみました。


ご興味のある方は直接お問い合わせをお願いいたします(*^^*)